喉のケアをしっかりと


ボイトレで歌が上手くなるには「喉のケア」が大切です。
喉のケアをしっかりとしていないと、喉を壊してしまってはレッスンどころではありません。
喉に負担をかけ過ぎてしまい病気になると、完治するのに数ヵ月かかる事もあると言いますから気を付けましょう。

まず、基本的な事としてはなるべく風邪はひかないように、うがい・手洗いをするなど自分なりに対策をしましょう。
風邪をひくと喉や気管支が腫れ上がってしまいますから、そんな状態では歌なんて歌えません。
お酒を飲んだ状態も風邪を引いた時と同じようになりますから、宴会の席での歌はほどほどにしましょう。

また、腹式呼吸を完全にマスターしておかないと胸式呼吸となり声帯に負担がかかってしまいます。
喉を開けて歌う事でも声帯への負担を減らす事が出来ます。
タバコは吸っている方は珍しくありませんが、タバコの煙がモクモクとしているような中で歌うのはよくありません。
肺活量はあるに越した事はないので吸わないに越したことはないですが。

This entry was posted in ボイトレに関する知識. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります