ボイトレで悩み解決

カラオケに行った時に音痴だと何だかとても肩身の狭い思いをしてしまう、という方がいます。
そもそも音痴だとカラオケ自体に行きたくないという方が多いですから、どうしても付き合いなどで行かざるをえない様な状況だったのでしょう。

このように、人によって歌がうまく歌えない事による悩みはさまざまです。
歌がうまく歌えない事がストレスになるくらいなら、ボイトレに行ってみるのも一つの方法です。
某有名歌手は小さい頃に歌を歌いまくっていたら上手になった、と言っていましたが、大人になるとなかなか歌をたくさん歌ったからと言って上達するとは限りません。
自己流もいいかも知れませんが、第三者に、しかもプロに教えてもらうと自分でも気付けなかった事や方法などが発見出来るでしょう。

費用はかかりますが、ボイトレに通って歌が上手になれば人前で歌う事も苦ではなくなります。
皆と一緒にカラオケも楽しめるようになりますし、会社の忘年会だって恐くありません。

Posted in ボイトレに通う | ボイトレで悩み解決 はコメントを受け付けていません。

ボイトレの前に「心に響く声とは」

耳にした事のある方も多いと思いますがときどき「心に響く声」というのを聞きます。
「心に響く声」とはどういう事なのでしょうか。
ボイトレで歌が上手くなり、音程もバッチリ・色々なテクニックもバッチリ、という場合でもそれが「心に響くか」と言われるとまた別の話だと言います。
ボイトレの前に心に響く声とはどういう声なのかを理解しておく事は大事な事です。

歌には歌詞がありますね。
その歌詞の意味を理解し、人によってはそれを歌う事で表現する、という言い方をする人もいます。

感情を込めて歌い、それを表現出来るようになると心に響くと言われるようになるようです。
感情を込めていてもそれが伝わらないと意味がありません。

ボイトレの教室によってはそういった、声に表情を付けるようなレッスンをしているところもあります。
心に響く歌を歌えるようになると、ただ歌が上手い、というだけではない何かがあり、プロになってもたくさんの人に聞いてもらえるようになるのです。

Posted in ボイトレに関する知識 | ボイトレの前に「心に響く声とは」 はコメントを受け付けていません。

ボイトレの体験レッスンに行こう

ボイトレには興味があっても、どういうものなのか分からないですし、料金などもかかりますからなかなか一歩を踏み出せない方もいらっしゃいます。
そういう方にはボイトレの体験レッスンがオススメです。
体験レッスンだと教室の雰囲気や講師の方がどんな方なのかを実際に目にする事が出来ますし、続ける事ができるかどうか参考になります。
費用もスクールによっていろいろなプラン・料金体系がありますからお財布とも相談する必要があります。

体験レッスン当日に入会すると入学金が安くなったり、何かしらのプレゼントがあったりするところもあるようです。
体験レッスン自体も50分だったり、30分だったりとレッスン時間もバラバラです。

もし気に入った場合にはこれから通う事になるかも知れませんから、通いやすいエリアからスクールを探していくといいでしょう。
恥ずかしがり屋な人は先生とマンツーマンのレッスンがいいでしょうし、気にならないなら他の生徒さんと一緒のクラスだと割安なようです。

ボイトレをお考えなら!

ボイトレ、ボイストレーニングは東京のVT Artist Developmentへ
ボイトレ、ボイストレーニングは東京のVT Artist Developmentへボイストレーニングをすると本当に歌が上達するのでしょうか。
VT Artist Developmentではハリウッド式の ボイトレを取り入れており、原則全て個人レッスンです。
無料体験レッスンはありませんが、確実にレベルアップを体感出来ますよ。

Posted in ボイトレに通う | ボイトレの体験レッスンに行こう はコメントを受け付けていません。

喉のケアをしっかりと

ボイトレで歌が上手くなるには「喉のケア」が大切です。
喉のケアをしっかりとしていないと、喉を壊してしまってはレッスンどころではありません。
喉に負担をかけ過ぎてしまい病気になると、完治するのに数ヵ月かかる事もあると言いますから気を付けましょう。

まず、基本的な事としてはなるべく風邪はひかないように、うがい・手洗いをするなど自分なりに対策をしましょう。
風邪をひくと喉や気管支が腫れ上がってしまいますから、そんな状態では歌なんて歌えません。
お酒を飲んだ状態も風邪を引いた時と同じようになりますから、宴会の席での歌はほどほどにしましょう。

また、腹式呼吸を完全にマスターしておかないと胸式呼吸となり声帯に負担がかかってしまいます。
喉を開けて歌う事でも声帯への負担を減らす事が出来ます。
タバコは吸っている方は珍しくありませんが、タバコの煙がモクモクとしているような中で歌うのはよくありません。
肺活量はあるに越した事はないので吸わないに越したことはないですが。

Posted in ボイトレに関する知識 | 喉のケアをしっかりと はコメントを受け付けていません。